2006年06月08日

筑波最終の難しさ・・・

「ポチッ」と押してやって下さい→人気blogランキング 



筑波を走っている人がきっと心配しているポイント=最終だと思います。
「筑波の最終でコケたら死んじゃう〜?」なんて怖さがありますよね〜。
でも、あそこを攻略出来ると一気にタイムが縮まるしで・・・・「やってみたいけど、怖過ぎ」って方多いと思います。

先日、筑波最終コーナーでクラッシュした後「何故曲がりきれなかったのか?」を悩み、その後反省を込め振り返ってみました。
昨日も、仲間が同じケース(コースOUT)でクラッシュし「何故なんだろ〜? その前はハラミ気味だったけど曲がれたのに・・・」と、自分と同じ様に悩んでいます。
その仲間は勇気をもって、その瞬間の「動画」をUPしてくれました(ここでは公開出来ませんが)
自分が曲がりきれず、コースOUTした時とそっくりです。
動画を撮っておくと、どこでアクセル戻したのか?ブレーキングは?など、後で反省材料として非常に役立ちます!

あそこは、コケた人しか分かりませんので(爆)自分なりに反省した結果をUPしたいと思います。


直線でアクセル全開出来きないとタイムは縮まりません。
しかし、勇気が要りますね・・・(冷汗)

仮に全開に出来たとしても、問題が生じます。
        ↓
全開に出来た=今までより速度が上がる。
        ↓
今までと同じ事をしていては、曲がりきれないと言う事です!

1.今までのブレーキングでは止まれない=もっと激しいブレーキング技術を要する。
2.ブレーキレバーを握る時間→コンマ数秒も重要。
3.バンクも「スパ!」っと寝かせられる技術がないと、旋回が間に合わない。
4.バンク中もクリッピングまで、フロントブレーキを掛けられるか!?

上記のテクニックを実践出来るテクと、それを行うまでの時間→コンマ数秒が命取りになると自分は思いました。
これが出来ると、どこのコーナーでもタイム短縮出来るんだけどなぁ〜。
でも、今になっても未だ出来ませーーーーーーん(泣)

次回、同じようにコースOUT(クラッシュ)しそうになったら「あぁ〜そっち見たらコースOUTしちゃぅ〜」なんてムリに曲げようとせず、思い切って車体を立て直しグラベル直行してやろうと思います(爆)
だって、「チャレンジャーとんとん」ですから〜(汗)

あぁ〜富士だと安全にコースOUT出来るんだけどなぁ・・・(ボソ)



posted by とんとん at 20:01| Comment(6) | TrackBack(0) | サーキットRUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。