2006年11月10日

高額医療費・・・

ブログ不更新記録更新中・・・
モチベーションが下がりっぱなしなもんで・・・
すいません・・・

本日、抜糸して来週の検査から手首のギブスが外れます。
肋骨の方も、胸から動くような動作ではまだ痛いですが、だいぶ良くなりました。
最初は、寝返りも打てませんでしたからね〜(汗)


さ〜て、治療費のお勉強ですよーーーーー!
コケると高く付きますからね〜〜〜(苦笑)

先日書いた通り、民間の医療保険でもサーキットRUNで受傷した場合、入院手当てが支払われるのは勉強になりました。
今回の手首の手術もお聞きしたら、適応になるとの事で、
手術 50,000円×2社加入=10万円
入院  5,000円×4日×2社=4万円
あと、筑波の共済会は手術手当てはなく入院手当てのみとの事でした。
5,000円×4日=2万円
これで、手術だけでも合計16万円なので実際の手術費用10万円をカバー出来て逆に儲かってます(苦笑)

それから、「高額医療費」という制度があって・・・知らんかった。

一般庶民は1ヶ月80,100円以上の医療費が発生すると、そのオーバーした分が還付される制度です。
まぁ〜分かりやすく言えば、1ヶ月間手術・入院などして例え50万円掛かったとしても、8万円だけ自己負担すれば残りの42万円は還付されるという事です。
おぉ〜これは助かるな〜!
念の為、「実は、サーキットRUNで・・・」と行政に正直にお聞きしたら「別に問題ない」という事でした(ホッ)
正確に言うと、80,100円+α(数%)が自己負担で、高額所得の人は自己負担の上限が高くなります。

ただ、ここで落とし穴が・・・
この制度、1ヶ月ごとに清算なんです。
とんとんみたいに、10月→11月と月をまたぐと、それぞれ別計算になってしまいます(大損)
例えば、今回みたいに短期入院の場合・・・
10月8万円
11月8万円
合計 16万円の場合は全部自腹・・・
11月に一括して16万円の場合、約8万円だけの負担で済みます。

11月にずれ込んだ2日分17,000円は自腹になってしまいました。
「なんで、月をまたぐような入院設定にしたんだーーー!」
と、病院にクレームつけましたが・・・
「説明義務がありませんので・・・すいません」って・・・。

急いで手術入院する必要がない場合は、月末に退院出来るように逆算して入院した方がいいですよ〜!
まぁ〜一番いいのは月初めに入院って事ですね・・・。

その他にも、確定申告時の「医療費控除」の制度があるので活用してみたいと思います。

ん〜色々な制度があって、万が一大怪我してもどうにかなるようになっているんですね〜。
ただ、知らないとその恩恵に与れませんが・・・いい勉強になりました。

posted by とんとん at 21:39| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。