2007年02月10日

フォークOH 番外編その2

皆さん3連休はいかがお過ごしでしょうか〜?
とんとんは、中途半端に明日だけ休みどぇ〜す。

さて、初めてのフロントフォークのOHに備えてオイルシールプレッシャーまで、わざわざ購入したのですが・・・。

KIF_2398.jpg

最初、手でシールを押し込むとすんなり入る。
「おやぁ〜入るぞ!工具なんていらないんじゃ〜?」
     ↓
でも途中できつくて入らなくなり。
「ん〜やっぱり専用工具必要か・・・」
     ↓
で、工具を使って押し込んでいくと・・・上手く入らず更に力を加えて「グイグイ」押し込んだら
シールの中に入っているリング(金属製のゴムみたいの)が壊れました。。。
これは、上下に2つシールの内側に入っていて(見えます)これでインナーを締め付けてオイル漏れを防いでいるようです。
     ↓
「しまった・・・予備のシールまで持ってないし」
「ん〜無い物はしょうがない」
仕方が無いので、外したシールから移植しましたよ(汗)
漏れないことを祈りつつね(爆)

KIF_2395.jpg
元は○です(爆)

結局、外したシールを押さえに利用してセットした後、フォークを逆さまにして体重を掛けたら上手くいきました〜。
「なぬ〜〜!?」
工具無しの方が上手くいく「オチ」なんてね・・・(泣)

後で分かりましたが、使い方が間違っていたようです。
インナーをセットせずに使ったので、シールを打ち込むツメの内側(幅の広い段の所)で押さえて打ち込んだのが原因のようです。
インナーをセットし、それをガイド代わりに工具を打ち込んで行くのが正解ですね。
ようは、ツメの先を使って打ち込むみたいです。
どおりで内側で打ち込んでいくと、そこにツメを取り付ける為のネジがあるのですが「このネジ邪魔でシールにぶつかるな〜」と謎に思っていたんです・・・。

IM0000950.jpg
入れ過ぎで間違えたセットの仕方
ネジも邪魔になる・・・

せっかく買ったのに、無いほうが上手くいってしまい無用の長物と化しましたが・・・(苦笑)



posted by とんとん at 19:49| Comment(3) | TrackBack(1) | ZX−10R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。