2007年05月15日

サーキットは安全なのか?

転倒やサーキットのコース設計って・・・。

昨日の筑波ST600のハイサイドシーンが動画UPされていますね。

自分のハイサイドしたポイントより早めの位置ですが・・・
プロは違うな〜もっと早くからアクセル全開か!?
でも、2台連チャンなんて・・・オイルでもあったのかな〜?
観ていて、こっちがまた痛くなりました(汗)


それと、こちらは死亡事故だそうです。
ケースが違いますが、自分もよく行く某サーキットの最終コーナーでも最近あったみたいですね。


自分でもジレンマに陥りますが・・・
転倒しなければいいかもしれませんが、それもかなり難しい(正直)

でも、エスケープが狭くて(しかもコンクリート壁)亡くなるのは非常に残念に思います。
せめて、グラベルが深く造られていたらとか・・・。
せめて、スポンジバリアが設置されていたらとか・・・。
自分が今走っているサーキットですら、そう思うコースがあります。


色々なサーキットがありますが、走った事のないサーキットがあれば一度走られてみると
そのコースの安全性なんかが分かり、逆に安心して走行出来るような気がします。
あそこは料金が高いからとか・・・
あそこは遠いからとか・・・(あっ自分か〜反省)
排気量的にとか・・・
色々あるとは思いますけどね。。。

皆さんも、「ここのサーキットの、ここのコーナーでコケたらどうなっちゃうのかな〜〜?」
なんて、思って走っていませんか?
自分は思っていたコーナーで全てコケてます(爆)
しかも、一つはハイサイドどす!

仲間内でいつも(爆)最初に逝ってしまい
「ここはやっぱりヤバイ・・・」
「みんな気をつけてね・・・」
でも、仲間も次々とやり始めます。

<業務連絡>
「2コ目の場所は、絶対やっちゃ〜ダメです!」
大怪我します。

「ここのコーナーでコケたらどうなっちゃうのかな〜〜?」
は、どこのサーキットでも一緒だと思いますが
「ここのコーナーの壁に刺さったら、どうなっちゃうのかな〜〜?」
はやばいです。

サーキットを走り始めた頃
あの速い人(会った事のない)と一緒に走ってみたいな〜
色々教えて貰えたらいいな〜
でも、そういう人達はそこのサーキットに来ない。
なんでだろ〜?と最初は疑問に感じていました。

でも、実際色々なサーキットを走ってみてその意味が分かったような気がします。



P.s
某サーキットを否定している訳ではありません。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

posted by とんとん at 00:36| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SLYでもあったんですね〜
とんとんさんのおっしゃる事は良く分かります。茂木のライセンス取ろうかな。
Posted by やすちん at 2007年05月15日 07:15
いつも感じています。私のばやい、初がトミンで、次がモテギでした。コース、エスケープゾーンなども広くて安心は出来ますが、私は飛びましたが…
でも、120kオーバーでハイサイドでは、その他のコースでは、生きていないだろーな〜とか思ってます。

SLYは、走ったこと無いので7月にいく予定ですが、バイク走行させていただいている所には、スポンジバリヤぐらいはと思いますね!
Posted by nikukyupinku at 2007年05月15日 16:34
バイクにあったコースを選ばないとね。

Tサーキットは、かなり古いから今のバイクだと? と言う意見は、全日本関係の人からも出てるみたいですよ。
ただ、ミニバイクでもケガするし、へたすれば....

やはり、自己判断、自己責任ということですね。
Posted by かぜとら at 2007年05月15日 21:39
僕もあそこは何度か走ったことがあります。自分の中では対向車のない峠という位置づけです。
サーキットにおける安全性ということを考えるとやはり大きなコースでしかと思いますが、そーなるとスピード域が違ったり。。。
バイクに乗りつづける限り付きまとう問題ですが、僕は職業レーサーではないといつも言い聞かせています。それが心のストッパーになっていると思います。
Posted by ひろ at 2007年05月15日 21:48
筑波の逆バンクでは私も一度お尻を振られたことがあります。
あそこはなんでわざわざそんな設計にしてるんでしょうかね・・・

SLYも同じく危険な所だと思います。
バリアがなくて直接コンクリートの壁ですものね。

バイクをやる限りはつきまとう問題ですが、どこかでリミッターを掛けないといけませんね
Posted by らぢお at 2007年05月15日 21:52
やすちんさん>
やすちんさん位速くなると、もっと安全なコースで楽しむのがいいですよね〜
って、もうぉ〜決断とは流石ですね。。。
でも、富士じゃ〜ないんですかーーーーー!?
え〜〜〜寂しい(苦笑)

nikukyupinkuさん>
自分的にはエスケープが広いと安心して無茶(爆)出来ます(笑)
狭いと、それだけで危険度が一気に増しますからね・・・。

かぜとらさん>
確かに今の170PSオーバーの設計ではないですね。
その当時では考えられない程のパワーですから無理もないですかね・・・。
茂木のグラベルの広さを見たら、「無茶して入っちゃってもいいかな〜?」なんて馬鹿な事も考えてみたり(笑)

ひろさん>
ストッパーは大切ですね・・・。
でも自分は未熟なので、どぉ〜も熱くなってしまいます(汗)
そうなると、安全なコースを選択しなくては・・・。
唯一安全を確保出来る選択肢だと実感します。

らじおさん>
ほんと独特なカントなので難しいですよね・・・。
当時のパワーだと、その前に旋回が終了して問題なかったのかな〜??
エスケープが広ければ、マシンを立て直して回避が出来るんですけどね(汗)
Posted by とんとん@管理人 at 2007年05月16日 19:38
たしかに事故はつきものかもしれません。
茂木でも昨年の全日本(ST600)で死亡事故が起きてます。5コーナーだったと思いますが、転倒したところに後続車が追突したものでした。コースアウトしなくても危険はありますね。
Posted by ちーむ at 2007年05月16日 22:24
サーキットは公道よりは安全ですが、やはり危険は有りますね。
また、サーキットにより安全性に差が出てしうというのは、有りますね…

ビデオ見ましたが、レースということも有るのでしょうが、
オフィシャルが、バリヤを動かしてガードするのは良いですね。
MFJ公認サーキットなら、まだ安全性は高いかなと思ってます。
Posted by ZZ−R(つい) at 2007年05月17日 12:03
難しい問題ですね。
確かに安全性は低いよりは高いほうが良いですよね。
かと言って高過ぎるが故に無茶なトライをする人が
増えると、今までとは違う意味の危険が増えるかもしれませんね。
転倒や事故は必ず単独で起きるとは限りませんから。

サーキット個々の安全性の問題もあると思いますが、
モータースポーツである以、永遠のテーマかもしれませんね。
Posted by ふうせん at 2007年05月17日 12:07
ちーむさん>
筑波もそのケースだったみたいですね。
後続車に轢かれてしまうのは避けられないから、しょうがないかな・・・。
そうやって考えると怖い趣味ですね(汗)

ZZ−R(つい)さん>
それと、救急車が異常に早くなかったですか?(笑)
自分の時も、ビックリするくらい早くてお世話になってしまいました(汗)
某サーキットでは、救急車呼ぶと警察沙汰になるので開催関係者の車で運んでくれと言われたそうです(実話)

ふうせんさん>
曲がれると思ってそのままコケて他車を巻き込むより、曲がれない時はマシンを立て直して安全に回避する。
場合によっては、他車を巻き込まない為にもアクセルを逆に開けて接触を避けてコースOUTしたり。
これは、エスケープが狭いと逆に壁に刺さってしまい出来ませんからね・・・。
Posted by とんとん@管理人 at 2007年05月17日 19:36
なるほど。
それでは皆でオートレースに行きましょう!
収益が上がれば筑波も大幅改修されるのでは!?(^^)
Posted by ふうせん at 2007年05月18日 02:29
この事故は友人から聞きました。何か毎年ここでは起こってる気がしますね。サーキットでは仕方ないことなのかも知れませんが、一人ひとりの意識の持ち方でも減らせられると思うので、常に自分の中にもブレーキを持って(効き過ぎも困りますが)走りる様にしたいですね。

>救急車呼ぶと警察沙汰になるので開催関係者の車で運んでくれと言われたそうです(実話)
これって、ついさん主催の走行会だったかとw
Posted by ヨウ at 2007年05月18日 14:41
ふうせんさん>
最終のエスケープが広いと安心出来るんですけどね〜。
他もだけど・・・(汗)

ヨウさん>
毎年亡くなってるんですか?(げ〜)
コースOUTして壁に激突死だと、正直怖いです・・・自分的には。

あっ・・・ついさんのでしたっけ?
失礼しました〜。
他の小規模サーキットも同じみたいですね(冷汗)
Posted by とんとん@管理人 at 2007年05月18日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。